アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社のビジョン

アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社

お電話でのお問い合わせはこちら フリーコール:0120-313-394(営業時間 月~金 9時~18時 祝日、年末年始を除く)

アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社の会社情報

アブラハム・ウェルスマネジメントが目指すこと

アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社のビジョン

良質な情報を通じて、富裕層に安心と安全を提供する。

私たちアブラハム・ウェルスマネジメントの行動規範

  • 行動規範1 不確実より、安心を。

    情報の洪水の中、富裕層が自分に相応しい本質的な情報を入手するのは益々困難になっています。その結果、知らず知らずのうちに過大なリスクに晒されている富裕層が多いと感じています。そこで私たちは、溢れる情報の中から、富裕層にとって有益な情報を、安全性や確実性を軸に選別し、1人1人の事情に適合した形でカスタマイズしてお届けすることで、富裕層に安心をご提供します。

  • 行動規範2 複雑より、シンプルを。

    従来の大手金融機関が提供する富裕層向け金融サービスでは、高コストで複雑な仕組預金・仕組債・投資信託等が生み出された結果、賢明な富裕層からは敬遠されるようになりました。そこで私たちは、富裕層の根本的なニーズ、原点に立ちかえり、シンプルなノウハウの提供に徹することで、富裕層に安心をご提供します。

  • 行動規範3 短期より、長期を。

    従来の個人向け金融サービスでは、金融商品の取扱いでの手数料収入を最大化するため、短期の売買を個人投資家に強いる傾向がありました。その結果、富裕層は自分の財産を手数料稼ぎに使われてしまうのではないかと不安に感じていました。そこで、私たちは短期売買の推奨を行わず、長期投資の推奨に徹することで、富裕層に安心をご提供します。

  • 会員制ファイナンシャル・コンサルティングサービス入会のお申し込みはこちら
  • お電話でのお問い合わせはこちら フリーコール:0120-313-394(営業時間 月~金 9時~18時 祝日、年末年始を除く)

社会的意義“富裕層マネー400兆円で日本を黒字化する”

日本は「輸出立国・貿易立国」として成長してきましたが、2012年に貿易赤字となりました。財政悪化や少子高齢化という現実からは、GDP(国内総生産)の成長は期待できません。

そのような時代背景の中、従来のGDP(国内総生産)に変わる指標として、GNI(国民総所得)が注目されています。GNI(国民総所得)は「日本人が世界全体で行っている価値創造」であり、グローバル化時代における経済指標で、アベノミクスの成長戦略に織り込まれました(日本再興戦略_中短期工程表、「成長戦略弟3弾、国民総所得の最大化を目指す」)。 GNI(国民総所得)= GDP(国内総生産)+ 所得収支(海外からの利子・配当等の受取額) この式で明らかである通り、日本人の海外投資が増えれば増えるほど、所得収支がプラスになり、日本全体が豊かになります。

日本の金融資産は1,286兆円で、その4割ちかい約500兆円を上位8%の準富裕層(金融資産5,000万円)以上が保有をしていますから*1、まずは富裕層・準富裕層が率先して海外投資を行えば行うほど、日本社会にとって大きな良いインパクトがあります。

アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社が富裕層に提供する「インフレに備えた財産保全策としての海外投資」は、マクロ的にGNI(国民総所得)を向上させ、日本社会全体を豊かにし、結果的には、「富裕層ではない一般の方」の生活も豊かにすることに繋がります。

当グループは、“社会的課題をビジネスで解決する”をミッションとして、日本が人口減少社会に転じた2005年に創業しました。以降一貫して、当グループは社会的課題の解決策としての個人投資家の海外投資を支援してきた実績があります。これからも、お客様と社会全体の両方のお役に立ちたいと願っております。


富裕層の課題を解決することこそ、日本国民全体の幸福へ
  • 会員制ファイナンシャル・コンサルティングサービス入会申込フォームはこちら
  • お電話でのお問い合わせはこちら フリーコール:0120-313-394(営業時間 月~金 9時~18時 祝日、年末年始を除く)

*1 野村総合研究所調べ 2013年度

WS-AW00100

当グループのメディア掲載事例(日本経済新聞・日経ビジネス・ウォールストリートジャーナル 他多数)